fc2ブログ

7年間の間、厩務員として従事。現在はフリーの競馬記者として トレセン内を中心に情報収集活動!!現役関係者の真実・競馬の本音を公開します。

FC2カウンター 

現在の閲覧者数

フリーエリア 

マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!

JRA 今週の重賞 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

点数計算 

    1着  2着  3着     1着  2着  3着
110
211
312
413
514
615
716
817
918

    馬単 
  3連単 

 

さて、午前中に紹介した25日の川崎関係者予想はどうでしたか

8Rは3点で◎→○の大本線的中(馬単1090円)

○にした圧倒的1番人気を「展開が味方して任せるのは3番人気の◎だ」と断言していただけにひやひやしていましたが、しっかりと予想通りになりましたね
(ブログって好きなこと書けるけど、あんまり断言するのは精神的に良くないかも」

まあ、もう1鞍の10Rは3連単予想で

1着→2着→4.5.6着と見事なまでの3着抜け・・・

8Rを3点と少点数で厚めにいっといた分の儲けが半分近くなくなりました

明日もいい情報があったら公開しますのでお楽しみに

さて、本日は午後になってから、栗東のTMから連絡があり

「アーリントンC出走予定の★★★★★★★←クリック
が挫石との一報で取材に行くと全然大丈夫だった。何でこんな噂が飛び交ったのかわかりませんけど・・・」とのこと

まあ、なんでもなかったことは良かったですが、私が厩務員時代に培った経験からすれば”火の無いところに煙は立たない”と疑いをかけてしまいます。

そう、挫石ではなかったにせよ、多に何かトラブルがあったのかもしれませんからね、今後も情報を仕入れていきたいと思います。

(※挫石・・・固いものを踏んだりして起こる蹄底の血豆。追突によっても起こることがある)

さあ、このレースで皆さんが注目するのはやはりポルトフィーノなんですかね

デビューから2戦、自分で競馬をつくり、直線ではアッサリと抜け出して完勝しているあたりは、センスと素質を十分に感じさせますね。

ただ、私自身は相手に恵まれた感(相手が弱かったのではなく)あると思います

まあ、他に先行してくる馬がいなかったこともあり、デビュー2戦共にマイル戦で前半の4Fは49秒台と緩めのラップでの競馬

しかし、今回はメンバーを見渡す限り、ある程度早いペースで先行しそうな馬がチラホラ・・
早いなら早いなりに対応する能力は持っている馬だとは思いますが、2戦の慣れが悪い方に出てしまうと・・・

などツイツイ考えてしまいます

正直な所はこの馬に勝たれると配当妙味がないので粗捜しをしてるだけなんですけどね。

上位いる方たちのブログを見ると

【100万円達成レース】なんてレースに対して具体的な金額の企画名をつけているのが多いので、私も真似してみようかと思います。

このアーリントンCはズバリ!!

【想定払戻金30万円レース】

もちろん無理はしませんが、30倍検討を1万円くらいで的中できればと思っていますので

これからの情報収集はその点を踏まえて頑張ります


応援クリック励みになりますのでよろしく!
FC2 Blog Ranking  人気ブログランキングへ

JRANKブログランキング  くつろぐランキング
2008/02/25 23:33|未分類TB:1CM:1

コメント


ランキング上位勢はインチキ臭くて、実際に捏造したりしてるのを何度も見たことがあります。
このブログはそういったことがなく、信頼もでき、いつも楽しみにみていますので、できればあんなところのマネをしないでほしいなと思ってますが…。どうなんでしょうか。
俺だって #-|2008/02/26(火) 09:18 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

-
管理人の承認後に表示されます
2008/02/28(木) 12:47

トラックバックURLはこちら
http://abekatu0317.blog96.fc2.com/tb.php/9-77cb8fe9

ブログ内検索 

カレンダー 

04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

QRコード 

QRコード

今日の運勢 

Copyright(C) 2006 関係者の本音・競馬の真実 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.