fc2ブログ

7年間の間、厩務員として従事。現在はフリーの競馬記者として トレセン内を中心に情報収集活動!!現役関係者の真実・競馬の本音を公開します。

FC2カウンター 

現在の閲覧者数

フリーエリア 

マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!

JRA 今週の重賞 

月別アーカイブ 

カテゴリー 

点数計算 

    1着  2着  3着     1着  2着  3着
110
211
312
413
514
615
716
817
918

    馬単 
  3連単 

 

さあ、明日のレースに対しての直前情報をお伝えしましょう!

各情報ルートから栗東の知人TM・T氏に昨日の内に連絡をとり情報を頂きました!

フラワーC
2頭出しする友道厩舎の2頭↓

シングライクバード
長距離輸送で体重が減るのだけが心配。以前(デビュー前)もやけに飼い食いが鈍り体重が落ちた時、精神的にカリカリした面を見せてケイ古にならない時期があった。まあ、その時とは本番のレースも経験して成長しているだろうけど
当日の馬体重には要注目です!!


ムードインディゴ
現状での能力はシングライクバードが1枚も2枚も上だよ。ただ、今週のデキや精神的な部分ではこの馬にも十分チャンスがあるんじゃないかな。密かに期待をしているんだ!
「2頭出しの人気薄を狙え」→この格言が頭をよぎる1頭!



スプリングS

軒並と不安やテンションの低い陣営報告↓

◆◆◆◆◆◆◆(△△厩舎)
ハッキリいって、近走の成績は(中間のデキや素質)からも不満が残る。本来ならもっとやれるはずだけど・・・・・・。じゃあ、今回はってことになるけど、近走以上期待しないで欲しい。飼い食いが細くて馬体も減っているし、どうも気合が乗ってこない。きついね・・・・。
さあ、馬券からは切りになるのか?!

アルカザン(昆厩舎)
状態は良い意味で前走から平行線、少しずつ成長してはいるが本当に良くなってくるのはもう少し先かな。まあ正直、今回は相手が揃ったよ、かなり厳しい状況だね。
陣営のテンションは低いな~

レインボーペガサス(鮫島厩舎
ある程度人気になりそうだね。ただ不安は沢山ある。何せ気性の問題がある馬だし輸送が一番気になるよね。川崎(全日本2歳優駿)の時は輸送後も比較的落ち着いていたが、アレぐらいなら良いんだけど。本音からすれば前走はペリエ騎手がさすがの騎乗をしてくれた。まだ適正としては芝4・ダート6位だと思っている。強敵揃いの今回は皐月賞に向けて”それなりのレース”ができればと思っている。
本音は芝4・ダート6の適正って気になりますよね。

◆◆◆◆◆◆◆◆(△△厩舎)
状態は相変わらず良いほうだね。ただし、ケイ古で感じたが今回はやはり距離が若干長いかな。先行してジワジワ伸びる粘り腰タイプだからこなしてくれるとは思うけど、こなしきった時には脚が余ってないような気もするんだけどね。とにかく頑張って欲しいけどやっぱり距離がね・・・・・
距離・距離とかなりの不安がある様子・・・・・

こういった感じで報告されましたが、伏字になっている◆◆◆の馬名については、下記のランキング内で公開しておきますのでチェックしてみてください!!

さらに、本日最終日となる絶好調の
【浦和競馬関係者・生情報】
による
10R・狭山湖特別
11R・ファイナルグッドラック特別

の2鞍に対する情報(買い目)に関しても、下記のランキング内で随報告しますのでチェックしてみてください。


各情報の確認は下記で
(昨日から公開中のフラワーCで馬券から切れる関東馬1頭も併せて公開中です)

↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

JRANKブログランキング

FC2 Blog Ranking

くつろぐランキング

2008/03/21 11:13|未分類TB:1CM:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

-
管理人の承認後に表示されます
2008/03/22(土) 03:17

トラックバックURLはこちら
http://abekatu0317.blog96.fc2.com/tb.php/51-3e3c9476

ブログ内検索 

カレンダー 

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

QRコード 

QRコード

今日の運勢 

Copyright(C) 2006 関係者の本音・競馬の真実 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.